2011年03月27日

伊予大洲駅の周辺 (いよおおず)

2010年の春:午後に探索。

『伊予大洲駅』 JR四国
愛媛県大洲市中村。

Yahoo!地図へ(伊予大洲駅)



キヨスク大洲店715〜1845。観光資料は簡単なマップしか見なかったので事前調査推奨。
駅舎の反対側は少し住宅があるくらい。駅周辺は生活圏。南2kmほど肱川向こうが中枢。東北東3.5kmほどの大洲IC周辺は店が多数。

大洲市」、市役所サイト。
ほっとde西伊予」、八幡浜・大洲地区広域市町村圏組合、観光情報が詳しい。
大洲特産品めぐり」、大洲市物産協会。
わいわいおおず」、情報サイト、リンク先無しも。


■他のきっぷ

四国再発見早トクきっぷ。
土日祝1日間2000円。利用1ヶ月前〜前日購入。
JR四国全線+αが乗降自由。

内子・大洲町並散策1日パス。
1日間2700円。特典で観光施設1〜3割引。
松山−伊予大洲間。特急自由席可。


■各線目安
松山方面へは内子線経由の方がやや早いが特急待ち等で大差無し。

予讃線上り:松山へ1h1,2本。概ね交互に内子線経由。最終2146。内子260円30分、伊予市740円、松山920円100分。

予讃線下り:朝多昼少だが八幡浜へ60-90分間隔、宇和島へ9本接続。八幡浜260円25分、卯之町540円、宇和島920円110分。


■他の交通

宇和島自動車
乗合バス・宇和島-卯之町-大洲-松山。
7往復、特急10往復は大洲ICのみ。宇和島駅950円70分、松山市駅1100円/往復1870円60分。
他に肱川上流への路線。

伊予鉄道・伊予鉄バス&南予バス
特急、松山市駅-内子-大洲駅前-八幡浜港-三崎、1日3往復。松山市駅1100円、内子510円、八幡浜駅前380円。
八幡浜港へ、1日6本/平日+1。
長浜駅前へ、1日3往復/平日+3。


レンタサイクル。
サイクルオート二宮。おそらく少し前方の信号過ぎた所。
8〜17時。2時間400円、1h毎100円追加。台数20。
Yahoo!地図へ(サイクル二宮)

肱南観光グループ
松山空港へ。


■近いコンビニ
サークルK:大洲若宮店(東北東1km、総合体育館横)


■便利安価な施設
フジグラン大洲:9〜19時/食品〜22時(南0.5km、駅出て右へ少し)。
フレッシュバリュー:9〜22時(南東0.5km、駅前方へ少し)。
ダイソー:大洲駅前店10?〜20時(南南東1km、駅出て右へ国道56号交差点)。
ミスタードーナツ:9〜21.5時(南0.5km、駅出て右へ少し)。


■宿泊風呂など
宿泊は高めのホテル旅館くらい。
離れた大洲IC近くにネットカフェと銭湯。

『よしの湯』 通過。
14〜21時。?円。
Yahoo!地図へ(よしの湯)

臥龍の湯 通らず。
9.5〜21.5時/第3月休。
680円、サービスデー450円有。
休憩・食事も可。
南南東3.5km。臥龍山荘の南。
Yahoo!地図へ(臥龍の湯)


伊予大洲駅舎
駅舎。


続きを読む (他の記事や画像)
posted by 旅・ライン at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 四国地方の駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月20日

和霊神社 【愛媛/宇和島市】

2010年の春:昼頃に探索。

『和霊神社』
愛媛県宇和島市和霊町。

Yahoo!地図へ(和霊神社)



拝観無料。
専用サイト無し。

宇和島市観光ガイド」、市観光協会サイト。


■データ
御祭神:山家清兵衛(やんべせえべえ)。
お祭り等:和霊大祭7月23,24日。
名物等:神幸橋(太鼓橋)、日本一の大鳥居、日本一の於多福面、日本一の鼻高面。


■アクセス
徒歩は駅舎の反対方向で迂回する必要あり。
観光循環バス「うわじまもーにバス」は通らない。
バス停-和霊神社前は公園前の国道56号沿い。。

<宇和島駅から徒歩> 行き。
北北西1.5km。実測15分。
階段があるが駅北東の歩道橋を渡る方が多分近い。
橋を渡って直進すると和霊公園南東端の「和霊本町1交差点」。

<宇和島駅からバス> 使わず。
150円。5分。
市内バス柿原職業訓練所行き、市外路線も多数あり。
宇和島自動車


■関連記事
宇和島駅の周辺 (うわじま) 」。


宇和島和霊神社入口
入口。


続きを読む (他の画像)
posted by 旅・ライン at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 城寺社ほか史跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月18日

天赦園 【愛媛/宇和島市】

2010年の春:昼過ぎに探索。

『天赦園』
愛媛県宇和島市天赦公園。

Yahoo!地図へ(天赦園)



入場300円。830〜1630、4〜6月は〜1700。

天赦公園の北半分はスポーツ施設で、天赦園はさほど広くない。
4月の藤・6月の花菖蒲の見ごろ以外は物足りないか。

専用サイト無し。
宇和島市観光ガイド」、市観光協会サイト。


■データ
建造年:伊達宗利1672年、伊達宗紀1866年。
関連人物:伊達政宗(述懐)。
様式:池泉廻遊式。
名物等:書院式茶亭の潜渕館、白藤太鼓橋、春雨亭。


■アクセス
バス停-天赦園前。
観光循環バス「うわじまもーにバス」のバス停-伊達博物館前もすぐ近く。

<宇和島駅から徒歩> 通らず。
南西2km。宇和島城の少し南西。
国道320号の駅前通りを市役所方向の右(西)へ。
市役所手前「栄橋南詰交差点」で左(南)へ。
しばらく進み宇和島東高校を過ぎてすぐ。

<宇和島駅からバス> 使わず。
150円。15分。薬師谷温泉行き。
宇和島自動車


■関連記事
宇和島駅の周辺 (うわじま) 」。


天赦園入口
道路から入る所。
少し砂利道の先に天赦園の入口がある。


続きを読む (他の記事や画像)
ラベル:天赦園 天赦公園
posted by 旅・ライン at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の名所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。